Loading

ブログ

理不尽を受け入れる

夏休みのため1か月ぶりにブログ再開です。本当に暑い日が続きますね。

とんQのとんかつ、コナズコーヒーのハンバーガー・パンケーキを食べるなど外食ぐらいで家に引きこもる(アメリカ屋のハンバーグもいいですね)。

省エネです… 大学受験生の娘もいるので遠出はしませんでした。

寿司を食べようと声が上がる。車で30数分かけて、ひたちなか市湊本町「那珂湊おさかな市場」へ。駐車場には他県ナンバーが目に付く。

回転寿司や定食屋さんがいくつもあるのですが、ここ数年は、ヤマサ水産が運営する黄色い外観の「市場寿し」が多い。1番手前にあり、サッと入れるから。

もちろん値段の割にネタが大きく厚いのが魅力。小さい子供では口に入らないので、専用のハサミを貸してくれるほど。

10時半に店に入りましたが、次から次へと客が押し寄せる。お店のスタッフは忙しそう。11時過ぎに食べ終わり店を出る頃は、ほぼ満席です。

日本酒を飲みながら寿司をつまむというより、お腹いっぱい食べたなと実感します、本当に苦しい…
From:小松﨑孝信

毎年8月は、自社販売・管理物件の草刈り・除草がピークです。5月頃から月に1回、数現場を軽トラックで巡回しています。商品だから見た目を良くしておかないと。

・・・が、8月の気温は35度前後になることが多く、雑草の生育が早い。10月から2区画で販売予定の水戸市渡里町隣接にある280坪の土地をおそるおそる見に行く。

やっぱり… 思わずため息が出る。3週間前に草刈りしたばかりなのに、太ももくらいの高さに一面生い茂っている。元々畑だったからでしょうか? 太陽の光をサンサンに浴び、草に生命力がみなぎり、強さを感じる。

『今日1日では終わらないな… でも、やれるところまではやろう』

長靴を履き、帽子をかぶり、ゴーグルをかける。軍手を着け、刈払機のタンクにオイルを満タンに補充し、エンジンを始動する。

バンドを肩にかけて両手でグリップを握る。真っすぐ歩きながら、体を「右から左」「右から左」へ1.5m幅に振ることを繰り返す。刈った草が左側に払い寄せられていく。

エンジン式でパワーがある分、高速に刃が回る。「グゥオーン」という音が鳴り響き、肩・背中・腕に振動が直接伝わってくる。


1時間の作業に1回、休憩を20~30分入れる。アスリートではないので限界を超えるつもりはない。でも、早く終わらせたいという気持ちは抑えきれない。

最初はスイスイとやっていくが、しだいに疲れを感じ始める。誰ともしゃべらずに1人でやる単調作業、退屈になってくる。心の中でつぶやくしかない。

『暑い! 草も束になるとかなり重いなあ。あと何往復する? まだやる? それとも休憩するか?』
『何でこんなに草は伸びるんだ? どんな意味があるのか?』

明らかに人間目線になっていますね(笑) 草が伸びるのは自然の摂理、意味なんてない。

そもそも、人間だって生きている意味なんてない。地球にとっては人間が生きているだけで迷惑なのだから、生存競争の戦いに勝たないと(笑)

草が抵抗して刃に絡みついてくる。「グゥオーン」高速に刃が回転し草をなぎ倒していく。自分が通った後に刈った跡が形として目に見える。シンドイけど、もう少し。

2日間かけて280坪の草刈り終了、日当たりが良すぎ(笑)

この現場は今年で3回目、外注をしていない。私にとって草刈りは、「理不尽を受け入れる」訓練みたいなもの。理不尽とは、自分の頭で理解できない、やりたくないことをやらされること。

きつくてもゴチャゴチャ言わず、やってみる。つぶれない程度に踏ん張ってみる。

子供だって親・担任を変えられない、大人も上司を簡単に変えられないですよね?

PS.『ジャック』、この暑さになると朝は5時前、夕方は5時過ぎに約30分散歩します。

 

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP