Loading

ブログ

水戸市吉沼町 平屋 賃貸募集

10月下旬までもうすぐ、朝夕は冷え込んできましたね。暗くなるのが早いので、1日が短く感じる。暑かった夏、ジメジメした夏は過去となった今、少し懐かしい。

ハワイでの朝食は、コンチネンタルブレックファースト・サーモンとトマトのサンド・メープルバナナワッフル。なんてことはないものだけど、とても美味しかった記憶が残っている。

目の前にビーチが見える、カラリとした暑さや風を感じる、Tシャツ・短パンにサンダルといったラフな格好。他のテーブルの人たちも本当に心からリラックスしている。そんなシチュエーションがそうさせるのでしょう。懐かしい、また行けるかな?
From:小松﨑孝信

新聞の朝刊を見ていると、若い社会人や学生が本当に人間関係に悩んでいる、病んでいる。

昔からあることだが、仲間外れにされたくない、いじめにあいたくない。エスカレートすると、登校拒否、最終的には自殺に至ることも。

人生のストレスはいくつかあるが、「人」のストレスはかなり大きいってことですよね?中高年だって同じ、居場所がないと感じる人も多いらしい。

どういう自分になれば好かれるか、なんて考えるからストレスになるんじゃないかな? こんなケース、似たようなことってよくありますよね?

A『あの人は細部まで気が回るからミスがない、信頼できる』
B「あいつはいちいち細かくてめんどくさい」
2人とも同じ人のことを言っている。

A『あの人はおおらかで気持ちがいい』
B「あいつはおおざっぱで無神経だ」
2人とも同じ人のことを言っている(笑)

要は相手のことが好きか嫌いか、の違いでしょう。自分のことを好きでいてくれる人なら、大抵のことは応援してくれるし、良く言ってくれる。逆に自分のことが嫌いな人なら、何をしても言っても悪く言われやすい。

だったら、どういう自分になれば好かれるか、なんて考えても意味はないんじゃないかな? そもそも、みんなに好かれるなんて基本無理。無理なことしても疲れるだけ。一般人が場外ホームランを打とうとしているようなもの。

「自分がやりたいように淡々と行動するだけ」

「必死」になりすぎると「必ず死ぬ」。そうあってはいけない、どんなことがあっても深刻にならない。闇は見た方がいいが、光が見えないと先には行けない。

自分のことが嫌いな人のことを考えても、相手は変わらない。どうせなら、自分のことを好きでいてくれて信頼してくれる人のために生きた方が、よっぽど生産的だと思いませんか?

PS.今年8月、東京在住の方に、平屋戸建てを現況で購入して頂きました。そのリフォームが終わった、と連絡を受ける。これから賃貸募集をしていきたいということ。興味のある方はぜひ。概要をお伝えします。

・月額賃料5万円 ・敷金なし ・所在地 水戸市吉沼町350-11 ・土地面積76坪(251.23㎡) ・建物面積22.49坪(74.38㎡) ・間取り4DK ・建築年月日 S44年(1969年) ・リフォーム箇所 クロス・フローリング張替、畳交換、給湯器新品、浴室・キッチン修繕 ・駐車3台可能 ・ペット可 ・那珂川に架かる勝田橋の近くの住宅地。ひたちなか市にもアクセスが良い。水戸駅まで約4300M

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP