Loading

ブログ

気になって、眠い…

先週末、高2の娘と妻の二人は朝早くからディズニーランドへ。ドナルドダッグの誕生日だったそう。そのせいもあり、スゴイ人込み。加えて30度の暑さ。来月44歳になるオジサンは、100分も列に並んで待ちたくないので、愛犬『ジャック』の散歩を朝夕 担当する。

誘われても行きたくない、そこが夢の国だとしても。 テンション高く帰ってきた二人の話しを聞いて、さらに確信を深めました(笑)ドナルドダッグの誕生日って...アヒルだろ⁉

こんな自分でも、二人の子供が小さい時から数えると、10回以上は一緒に行ったものです。子供たちの喜ぶ顔を見るために、親も自ら楽しみ、その場の空気を共有する。アトラクションを待っている間も、疲れた顔を見せず、子供たちといろんな会話をする。荷物を持ったり、抱っこしたり、ビデオ撮ったり...

子供たちが大きくなった今、もうディズニーランドへ一緒に行かなくていいなんて素直に嬉しい(笑) あの甘い匂い、空気はチョット… お父さんたちの大半はそうですよね?

イッツ・ア・スモールワールド」など一部のアトラクションがリニューアルされたそうです。
From:小松崎孝信

4年に一度のサッカーワールドカップ ロシア大会が開催しましたね。前回大会のブラジルと違って気候が暑すぎないので、スーパープレーもたくさん見れそうで楽しみです。日本代表の試合もそうですが、みなさんも気になる国の対戦カードはいくつかありますよね?

何と言っても、昨日はヨーロッパの隣国同士であり、スター選手が何人も出場するポルトガル対スペインの激突! ゴールシーンが6回、それも一方的にならず、3対3の引き分け。まさに国の威信をかけた真剣勝負。親善試合とは違う迫力。組み合わせが予選にしてはぜいたくすぎて、もったいない感じ。ベスト8レベルでしょ?。

それにしても、先月、Jリーグの神戸へ入団したスペイン代表メンバー、イニエスタ選手を不思議な感じで観てました。何度もワールドカップに出場し、今年までプレイしたクラブチームのスペイン バルセロナでも長年にわたり活躍。そんな選手が今年から日本でプレイするなんて...

普通にありえないことが起こっている。サッカーのワールドワイドな世界観を感じます。日本は単一民族ですが、ドイツ・フランスをはじめヨーロッパの国は、移民の2世・3世の選手が選ばれ多民族な構成。

アフリカや中東の選手の体格や顔つきは迫力がある、かなり強そう、違いがハッキリ分かる。まさに、国対国の特徴がはっきりした真剣勝負、加えてエンターテイメント性があるから魅力を感じるんでしょうね。

同じ4年に一度のオリンピックより、ワクワクする人も多いんじゃないでしょうか。自分もその一人です(笑)オリンピックはそれほど興味が湧かないんですよね。競技数が多すぎるし、私が言うのも変ですが、なぜその競技がオリンピック種目になってるの?と突っ込みどころが多い。政治色が強すぎるのも気になるし…

とにかく、日本代表を応援しましょう。学生スポーツは当然ですが、勝っても負けても私はそれほど気にしないです。最後は1チームを除いてすべて負けるのだから。

でも、縮こまって、悲壮感を漂わせてプレイするのだけはやめてもらいたい。勇気のある・仕掛けるプレイが見れたら何も言うことはありません。勝敗は2の次。日本で最もサッカーがうまく、戦術に合う、体調がいいメンバーを内側の人たちが選んだ23人なんですから。メンバー選考の賛否両論は、小学生チームにだってありますよ(笑)結果より、ストーリーを楽しみましょう。

ゴルフの全米オープン、15(金)から4日間、明け方TV中継してます。日本人選手も4名出場しましたが、タフなコース設定で苦戦… 2日間の予選を通過して、3日目からの決勝ラウンドに行ける日本人は67人中ただ一人、松山選手のみ。こちらも気になります、眠い…

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP