Loading

ブログ

北海道物産展に行ってみた

水戸市京成百貨店で10/11(木)から始まった北海道の物産展に車で向かう。2日目の金曜日、お昼前。駐車場に入る手前から数百メートルの渋滞。なんか嫌な予感がする。仕事の合間に寄ったので、1時間以内には済ませたい。次の予定に間に合うか?

20分かかって7階催事場に入るとそこは、肩が触れ合うほどの人、人、人。とても歩きにくい。釧路市「今商店」探し当てるのに5分。その最後尾に並び待つこと20分、ようやく「霧の港弁当」を買う。うに、かに、いくらが3列に並んで盛ってある。「道産牛ステーキ弁当」も買う。

北海道の定番、といってもさすが北海道。種類が豊富、17店舗が出店している。さば寿司、いかめし、サーモン、ほっけ、貝柱、するめ、昆布、珍味、かぼちゃ・スイートコーンのピザ、ハムソーセージ、じゃが豚、コロッケ、唐揚げ、餃子、かにしゅうまい、男爵カレーパン。

甘いものは、ロイズの生チョコ・ポテチチョコ味、六花亭のバターサンド、白い恋人ソフトクリーム、バームクーヘン、チーズケーキ、オムレット、スイートポテトなど多数...

ゆっくり見られたら楽しめた? 急ぎだったのでちょっと残念。まあ、そんなにたくさん買っても、結局食べられないんだけど。

9月に起こった北海道地震、被害は大きい。しかし現在、大部分の地域では、交通や宿泊など観光客の受入れに支障はない状況。

北海道に行ってみたくなりましたね。最後に行ったのは10年前の2008年。ポケットモンスターのキャラクターが機体に描かれた全日空(ANA)のポケモンジェットに乗って。旭山動物園が大人気の頃でした。
From:小松﨑孝信

「広大で豊かな自然によって育まれた、新鮮で良質な農産物・水産物などの素材を活かし、職人さんたちが熱意をもって生み出した美味しい逸品が数多く用意されている」

こんなコピーのあるブランドが、圧倒的な集客力を生むんだなあと改めて思う。地方の水戸市でこんなに集客できることってあんまりないから。

ネットで検索しクリックすると、商品を自宅へ取り寄せることができる時代なのは誰もが知っている。でも、実際に目で見て、生で感じたいということなんでしょう。

本物に触れるとエネルギーが湧く。その場の空気や熱を感じるとワクワクする。ディズニーランドなんかそうですね。ライブやコンサート、演劇なども。

野球やサッカーなどのスポーツだって、テレビの方がよく見えるし、横になって見てもいいから楽。でも、球場やスタジアムまで足を運ぶ人たちが数多くいる。実際に生で見ることにはかなわないから。

プレイの迫力やライブ感はテレビ画面のそれとはまったく違う。見たいポイント、特定の選手の動きを各自で自由に追えるのもいい。

テレビはそうはいかない。ボールのある所がほぼ映る。画面の外が死角になり見えない。強制的にリプレイが映される、ホームランの映像やゴールシーンばかり…うんざりする。

楽しめるというのは、ファンになるということ。ファンはお金を払うことに、それほど抵抗感がない。値切らず、何度も買ってくれる。だから、儲かりますね(笑)

アップルのアイフォンを例にしても、ファンを増やすことがビジネスの基本だということはよくわかる。コモディティ化して、価格競争に陥るのが一番キツイ。それは避けないといけない。

ただ、自分のビジネスに置き換えてみると、こんなに大勢のお客さんに来られても困る(笑)実質1人で実務を回しているので、きちんと成果を出すためには案件数が限られる。

不動産の売却相談を受けてから、販売スタートするまでに「下準備」がいくつもある。例えば更地の土地の場合、大まかなフレームとして、下記がその一部です(全部はとても書ききれない)。
・周辺で売出されている価格を調べる
・周辺で成約した事例と価格(直近1年未満)を調べる
・市役所で法規制、道路の種類・幅員、上下水道がすぐに使えるかなどを調べる
・法務局で登記や測量図を取得をして、事実を正確に知る
・境界杭があるか?ブロック塀や樹木の枝が越境してないか?隣地とトラブルになっていないか?
・現地にガラ・切り株・浄化槽・井戸など、残置物はないか?
・隣近所で事件・トラブルはないか?
・周辺に嫌悪施設はないか?

物件ごとすべてが異なる。同じものはない。特に依頼者・人については、諸事情がバラバラなので、応対を変える必要がある。

ただ営業して、売買契約書を作ってるだけじゃないんですよ。販売スタートするまでの「下準備」が実は重要。飲食店の仕込みと同じです。

PS.『ジャック』、涼しくなってきたので深い眠り…

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP