Loading

ブログ

不安じゃない?

お世話になっている方を自宅に数名呼んでの夕食。妻が朝から数種類の料理を作ってくれたおかげで、ビール・焼酎・ウイスキーのグラスがどんどん空いていきます。

多くは語りませんが、みんな悩み事は普通に抱えている… それでもなんだかんだと元気そうに見える(笑)久しぶりに会ったせいか、アッという間の3時間でした...

デザートは、末広町「シュール」のアーモンドケーキ。お腹いっぱいになりながらも、フォークをさす。いつ食べても裏切らない、変わらないおいしさですね。表面のアーモンド・中のスポンジは当然として、見過ごされがちな下地のパイ生地もいい。

それにしても、このところカロリー摂取が半端ない!パンパンにふくらんだ自分の腹をさわってみる。明日の朝、体重計に乗るのがチョット怖い…(笑)
From:小松﨑孝信

当たり前のことでしょうが、年を重ねても、ストレスや不安が消えていくわけではないようですね。若い時より見える世界・関わる世界が広がる分、ますます増えていく気がする(笑)仕事・お金・子供や家族・健康など...

特に、政治・社会面で何度も出てくる各省庁の問題。公文書の扱い方について、みなさんは不安になりませんか? 捨てたり、隠したり、改ざんしたり。ありえないことが起こっている。

「公文書は国民のもの・国民の財産」という考えはないんでしょうか? 個人・法人から徴収した私たちの税金を使って仕事をしているのだから、役人だけのものではないはず。

「公文書は自分たち各省庁のもので、外部にどこまで見せるかは自分たちが決める」これが本音では、国民への説明責任や管理がずさんになるでしょうね。誰よりも優秀な頭脳を持っている人たちなのに、組織になると思考が変わってしまう。残酷な現実です。

それにしても、財務省のトップである事務次官が、まさかこの時期にセクハラで辞任とは...みなさんはどう思いましたか? 驚きを通りこし、私はすごく不安を感じました。

日本国の政策を担う官僚や、国民の代表である政治家に期待したいのですが、大きすぎて広すぎて生の現場を理解できず、コントロールできなくなっている気がする。これだけの不祥事が出たら、民間企業ならとっくに潰れてる。形骸化した業務を無くし、無駄に人数をかけず、民間ではできない業務だけを行うスリムな組織でいいんですけどね…

本当にその仕事は行政しかできないのでしょうか?  時代が変わり、機能しなくなっているにもかかわらず、一度手にした権利を手放すことはしないのでしょうか? 抵抗する人たちが多いんでしょうか?

でも私たち一般人は、不安によって思考を停止し(あきらめて)、行動できず、結果が出ない、では困ります。現実の日々は、不安を受け入れて、うまく付き合っていくだけ。特別スゴイことはできないけど、冷静に考え客観的に見たら、打ち手は無限のはず。

今、自分ができることを淡々とやっていくだけです。

PS.4/17(火)ホテルレイクビュー、茨城県宅地建物取引業協会 水戸支部 定時総会が開催されました。 そこで、平成30・31年度の幹事の一人に、私が選任されたことを報告します。

年16回行われている不動産無料相談会のうち4回担当することが決まっています。年2回の研修会や広報など、その他支部の運営に微力ながらお役に立てればと思っております。

協会は会員の皆さんの集合体です。いろいろな意見や気づいたことがありましたら、ぜひ、お気軽にお知らせください。どうぞよろしくお願い致します。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP