Loading

ブログ

グチを垂れ流さない

平日のランチで水戸市米沢町「アメリカ屋」へ。いつも込んでおり、待ちたくないので11時30分オープンの10分前に到着。それでも、順番待ちボードには名前がいくつも書かれている。

2/23(土)21時~ テレビ東京「アド街ック天国」で水戸市を取り上げており、見川町の「タヴェルナハンバーグ」が紹介されていましたね。

市民に長く愛されている「アメリカ屋」も、ランクインして当然の店だと誰もが思うのではないでしょうか?

大きなログハウスの建物で、天井が高くウッディな店内。子供が小さいときから、家族で何度も行き食べ慣れた「デミグラスハンバーグ」を注文する。

ミディアムレアで柔らかくほぐれる「ワイルドビーフハンバーグ」、さっぱりした「カントリーハンバーグ」や和風味の「きのこハンバーグ」もいいですけど、やっぱりいつもデミグラスソース。

理屈でなく本能、年を取ってきたせいか冒険したくない?

『油がはねるので、紙ナプキンをかけてお待ちください』店員さんが声をかけてくる。テーブル分の料理をのせた台が背後に見える。

『オー、来た来た(笑)』置きやすいように、サラダやスープ皿を脇にやる。期待が高まる。

鉄板の上で『ジュッ』と音をたてたハンバーグが目の前に置かれる演出は、古き良き店内の雰囲気と同様に、いつも変わらない。

長く働いているスタッフがいて対応が良い。サラダバーやライスも美味しい。安定感はトップクラス。これからも年に数回は行きたいお店です。
From:小松﨑孝信

アメリカ屋のような「いつも変わらない安定感」を仕事や家庭などで持てるなら、素晴らしいことですね。レベルや程度は個人差がありますが、ぜひ真似したい、手に入れたいものです。

でも、「いつも変わらない安定感」は、変化のない落ち着きのある中で生まれるのでしょうか? まったりと、のんびりとした状態とは違うところから生まれてくるようです。

アメリカ屋のオープン前、店舗内の様子を外から覗いてみる。マネージャーらしき方がスタッフを集めて真剣にミーティングをしている様子。それから、全員がテンションを上げて、発生練習のようなものを始める。

あー、本気なんだな』 店の覚悟や熱、エネルギーが伝わってくる。

いつも変わらない安定感」を維持するには、何も変えないのではなく、現状をより良くしていこうという努力が必要になる。

日々生きていると、少なからず逆境というか、嫌なことやシンドイことがあります。私たちの目の前に、様々な形を変えてやってきます。

そんな時、グチや不満や不安が生まれますが、それは当たり前の感情ですよね。平穏な現状が刺激されて脅かされるから。

すべてに開き直り、あきらめていたら、怒りや苛立ちは感じません。これではダメだ、何とかしようと思うから、怒りや苛立ちを感じる。

でも、近くにいる人にグチや不満や不安を吐き出してばかりいたら、スッキリして気持ちが満たされてしまう。それでは何かをするエネルギーがたまらないのでは?

自分の中にグッとため込むことで、変に安定せず落ち着かず、ない頭を使って一歩足を踏み出せる気がします。

多少理不尽だとしても、グチや不満や不安を他人に言わず、ヤセ我慢をする。結果、発奮材料(エネルギー)になり成長につながるのなら、グチを言うことはもったいない?

その点は、自分も弱いなと感じる。できるだけヤセ我慢したい(笑)本当に難しいことですけどね…

PS.『ジャック』、二本足で立ち背筋を伸ばす。食べ物を狙ってグッと我慢。決してグチらない。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP